へぇ!!見にいきたいすぎるこの舞台!!!!

»

この記事から早、数か月が経過しておりますが
「下」を読む読む詐欺してます。
私にとってカラスと呼ばれる少年こそが、Blogにあたります。

——-追記——
カフカについて、少年について、wikiくんに丸投げしすぎたので 分かりやすく追記。

カフカっていうのはこの本の主人公です。

(これについては結局wikiくんにてご確認願いますLol)

カラスの少年っていうのは、主人公にいつもアドバイスを与える架空の謎の少年です。

てか私的な解釈ですと、存在してなくて、結局のところ、

カフカの頭の中のこうしなさいって

言う思考が カラスの少年だと思っています。

なので、カフカがうまく言葉を表現できなくて、探してるのに

表現できない’言葉’をカラスの少年がすかさず言ってくれるんです。

あと悩んだ時にいつも、的確なアドバイスをくれたり、背中を押してくれるの。

それが「カラスの少年=自分」

simple is bestシンキンな私からしたら とっても単純なことだと解釈しています。

自分ではない自分

——-追記終——

海辺のカフカ – Wikipedia

「君は世界で最も

タフな人間なんだ。」
とカラスの少年は言う。

xx