スピンクス。ギリシャ神話に登場する怪物。エキドナとオルトロス(あるいはテュポン)の娘。人間の女性の頭部(あるいは乳房までの上半身)、ライオンの身体、鷲の翼を持つ姿をしている。テーバイ郊外のピキオン山で通行人に対して

朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足で歩くものは?

と言った問題を出し、正しく答えられない者を次々と殺しては食べていたが、オイディプス(エディプス)に正解され、その事によって自ら身を投じて死んだ。問題の答えは

人間

であり、スピンクスの出すこの謎はムーサ(ミューズ)に教えられたものだと言われる。 【神話】【ギリシャ神話】

(source magic-encyclopedia)

場所によって守護神、場所によっては怪物らしいスフィンクス..
そしてこの女の顔を持つスピンクスはなぞなぞをしかけて、食っていくという怪物らしい。

この問題は人の一生を一日に例えている。らしい。
3本足は、老人が杖をついて歩くという意味。

うまいこと言うね!

てことは私は80歳くらいまで、昼ってわけだ!(I hope so)

xx